FC2ブログ
 
■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
星がいっぱ~い
これも一月ほど前に撮ったものです。

上から~
ベンケイソウ科 タイトゴメ
ちまたではクリスマス装飾がちらほらと。
上から眺めると、星がいっぱ~いあるように見え・・・ません?



いつもコメントをいただいているpandaさんのBlog「花の日記」で色々な海辺の花が
紹介されていました。
海辺の花はおもしろいものが色々とあるもんだと感心です。

撮った写真のデータベースを見ていたら、海辺に育つ植物を1種だけ発見!
これも一風変わっているのでご紹介。

その名もタイトゴメ。
よく似たものにメノマンネングサ、コゴメマンネングサ、ムニンタイトゴメというのがあります。
タイトゴメを含めた4種は別種とされていたそうですが、同一種内の亜種や変種とのこと。
図鑑によっては別種として扱っているものもありますね。

花の後
花は5月~7月とのことで、咲いたあとが残っていました。
花が咲いていれば以前にエントリーしたヒメレンゲみたいなのが見られたかなと。
葉っぱも小さくて独特な形をしていますよね。
このの葉の形が、赤米の「大唐米(だいとうまい)」に似ていることからその名が
ついたとか。

ちなみに大唐米(だいとうまい)は現在のベトナム南部が原産地だそうで、中国では
宋の時代によく栽培され、それが日本に渡ってきたとのこと。(Wikipediaより)

ちょっと引いてみると
このタイトゴメ、関東地方以西の本州、四国、九州に分布するとのこと。
普通は海岸の岩上などで見ることができるそうですが、この場所は河口に近い護岸。
コンクリートの階段が生育しやすい環境になっていたんですね。

ベンケイソウ科の植物は独特の光合成の仕組みを持っていて、そこからCAM植物と
呼ばれ、乾燥などの苛酷な環境でも生育できるすごい植物です。
CAMはCrassulacean Acid Metabolizum(ベンケイソウ科植物の酸代謝)の略ですが
解説すると長くなるのでまたそのうち。

植物って見れば見るほど面白いですね。
Coppice Note | 11:22:37 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
かげさん こんばんは
紹介して頂いてありがとうございました
タイトゴメはこんな花が咲くんですね
一番上の☆の形のは見たことがあるんですが
花は初めてです
可愛い花が咲いたところを見てみたいなぁ
でも葉っぱだけでも絵になってます(^^*)
名前もなんだかかわいいです
2007-11-11 日 18:28:28 | URL | panda [編集]
うわっ、スゴイ植物だ。
一枚目の写真なんか、電子顕微鏡で覗いたウイ(以下自粛
これ、多肉植物みたいですよね、葉とは思えない肉付きのよい葉なんすけど。
なのに花は意外と花らしいw
CAM植物というんですか、仕組み知りたいなぁ。
生物学辞典、どこやったかな・・・。
2007-11-11 日 20:24:33 | URL | 牛柄 [編集]
へぇ~、コンクリートの階段に育つんですね!
エアープランツ並に土いらずですね。^^
1枚目のお写真を拝見して、バラ模様の結晶の鉱物を思い出しました。
たしか"砂漠のバラ"だったかな。
別に似ているわけではないけれど、葉っぱの厚みがそう思わせたのでしょうね。
ヒメレンゲ似の白い花見てみたいで~す。
2007-11-11 日 20:39:01 | URL | fumiQ [編集]
かげさん、こんばんは~
ユニークな植物ですね。
蝋や石鹸を彫刻したみたいで可愛いですね。
肉厚でサボテンみたいにも見えるかな。。。

乾燥の過酷なところでも生育できるっていうと、
水分を貯蓄できるんでしょうか。
凄い機能を持っていそうですね。
このエキス、お肌に使えないかしら( ̄m ̄*)プッ
冬は乾燥がきついですし、、^^;;
2007-11-12 月 19:24:58 | URL | あまぞんりりー [編集]
星に見えますよ~。
ただ・・・コンペイトウですが。^^
これ、多摩川沿いの墓地で見た事があります。
花が咲くんですねぇ。
5月~7月ですか、覚えていたら来年見に行ってみます。
2007-11-12 月 21:03:36 | URL | dada042 [編集]
セタ゜ムっぽい
牛柄さんと同じく、多肉~と思いました。
マンネングサは多肉の仲間でいいのかな?
セダムの似たようなのを、2~3個どっかから取ってきて、
植木鉢にポンと置いておいたのが、今では庭中広がってます。
他の植物の芽が出るまでの、早期&暫定的緑化に役立ってます。
大きくしてみると、クリスマスツリーみたいですねー。
2007-11-15 木 01:53:02 | URL | 白あずき [編集]
>pandaさんへ
pandaさんのBlogは、東京近辺では見られない植物が見られるので
いつも楽しみにしています。
海岸の植物は個性的でとてもおもしろいものがいっぱいありますね。
見たい植物がいっぱいですよ。
タイトゴメは花の時期にぜひとも見てみたいですね。

>牛柄さんへ
ベンケイソウ科の植物の多くは多肉植物の部類に入るみたいですね。
多肉植物の多くがCAM型光合成をするようです。
苛酷な環境にあるから、水分を外に逃がさない仕組みが細胞組織ばかりでなく
代謝機能まで発達しているんですね。

>fumiQさんへ
写真のは萼か何かで、花は黄色なんです。
苛酷な環境に適応できるように、いろんな機能をもっているので
こんな場所でも育つんですね。

>あまぞんりりー さんへ
葉がつんでいて光沢もあって、ロウ細工みたいですよね。
水分の少ない環境に育つので、おそらく水分を貯蓄できると思いますよ。
ただ、サボテンほど多くはないでしょうけど(^^ゞ

>dada042さんへ
なるほど、金平糖ですね。
多摩川沿いだともしかしたら別の種類かもしれませんね。
花の写真楽しみにしています。

>白あずき さんへ
たぶん多肉植物の部類に入るんじゃないかと・・・
セダムの仲間は乾燥とかには強いですよね。
意外に増えますし。
クリスマスツリーにも見えますね。
2007-11-16 金 21:04:21 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。