FC2ブログ
 
■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冬の雑木林自然観察会と新年会2008
小平市野鳥と緑の会活動報告

本日は上水新町地域センター近くの玉川上水にて、雑木林自然観察会と新年会を
開催しました。

あ、タツボスミレが咲いてる~




週間天気予報では雨が降るかもしれないとなっていましたが、雨雲の移動が早かったのか
無事に行うことができました。

低気圧が早く抜たのですが、冬型が強まったらしく冷たい北風が吹きつけてきてと~ても
寒かったです。
この時期の観察会では防寒対策が大切ですね。

他には咲いていないかなぁ・・・

そんな寒さの中、1輪だけタチツボスミレが咲いていました。
吹きつける北風の寒さに震えているかのように花がゆれていました。
春はまだ先のようです・・・

不思議な模様

ツルグミの説明をしているときに葉裏に葉脈のような模様をした緑色のクモが1匹・・・
はてこのクモはなんていうんだろう、アシナガグモの仲間かな?

夏の名残・・・

イヌツゲの木に夏の名残、アブラゼミの抜け殻を見つけました。
だいぶ時間が経っているというのに、表面の毛がしっかりと残っていますね。

おいしそう・・・

落ち葉に埋もれるようにヤブコウジ(十両)の実があちこちにありました。
色の少ない時期にこの赤い実の色はとても鮮やかに目に飛び込んできます。

さて、冬の観察会の定番といえば「冬芽」でしょうか。

冬芽その1
鱗芽と呼ばれるタイプ、マユミの冬芽
芽鱗(がりん)と呼ばれるもので覆われていて、寒さから芽を守っています。
コナラやアラカシなどの樫の仲間は特に芽鱗がよくわかります。
トチノキは芽鱗に粘液を分泌してさらに耐寒性を強めているといわれています。
コブシの花芽は芽鱗が毛で覆われていて、毛皮のコートを着ているようですね。

冬芽その2
裸芽と呼ばれるタイプ、ムラサキシキブの冬芽
芽鱗がなく、若い葉がぎゅっと詰まった芽をしています。
春になるとそのまま大きくなって葉になりますが、これで寒さに耐えるから不思議です。
アジサイの仲間やアカメガシワもこのタイプの芽ですね。

観察会のあとは場所を室内に移して、新年会を行いました。
皆さんの経験豊富なお話に耳を傾けつつ楽しいひと時を過ごしました。

おまけ
おまけ
無線アンテナになにやら居ます。(クリックするとアップでご覧になれます)
左右に首が動く優れもの、デジスコ練習に最適・・・(^^ゞ


次の観察会のお知らせ
2月3日に市内冬の野鳥観察会
2月24日に彩湖で野鳥観察会(一般参加あり)
B&G | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(11)
コメント
へぇ、ヤブコウジって十両ともいうんですか。
家の裏 (我が家一番の鳥見場所、トイレんところですなw) に植えてあるんですが・・・今は雪に埋まって見れません (涙
この赤い実と濃い葉、好きなんですよね~。
最後の鳥さん、何だか判りませんでした _| ̄|○
2008-01-19 土 22:09:20 | URL | 牛柄 [編集]
ああ・・・
私が寝坊して行けなかった観察会ですね。。
例の鳥も見たかったですが、写真の鳥でデジスコの練習もしたかったですw
(これ、イミテーションですよね?)
2008-01-19 土 22:44:43 | URL | dada042 [編集]
寒そおー
なのに、タチツボスミレですか・・・けなげですねぇ。
冬の現場は苦手だぁ。
でなくても、最近肩凝りがシンドイのに、寒いと余計ひどくなります。
来週は八王子方面の山の現場、
しかも水生生物で、川に入ります・・・寒っ!

えっ、最後の写真作り物なんですか?
2008-01-19 土 23:53:56 | URL | 白あずき [編集]
観察会 盛況で・・・
寒そうです。
ツルグミ 昨日偶然ですが 見てきました。

植物の冬支度にもいろんなタイプがあって面白いですね。
鱗あり セーターあり 裸ありと。
冬でも観察することはいっぱい!
新年会も楽しかったのでしょうね。
2008-01-20 日 09:52:33 | URL | pole pole [編集]
寒そうですね。ひしひし伝わります^^;
でもこの寒さ、喜ぶべきでしょうね。
公園は管理が行き届きすぎて
綺麗に刈り取られていてがっかりすることもありますが
玉川上水は自然がいっぱいですね。

おまけの鳥さんは何でしょう。
アカハラかなぁ、、わかりません。
2008-01-20 日 13:01:48 | URL | あまぞんりりー [編集]
はじめまして。
fumiQさんのところからやってまいりました。
(以前から時々読み逃げさせていただいていました・・・)
昨年から私も冬芽に興味が出てきたので、「へえ~」、「ほう~」 と独り言を言いながら拝見させていただきました。
これからも寄せていただきたいと思っていますのでよろしくお願いします。
まずはご挨拶まで。
2008-01-20 日 14:24:13 | URL | hirahira [編集]
さくらんぼが生っていると思ってしまいました。(笑)
ヤブコウジの実なんですね。
(十両のほうがピンときます)
ムラサキシキブの芽は元気ですね!
その姿で冬を乗り切りながら大きく膨らんでいくなんて、逞しい!!
最後の写真の鳥さんは何でしょう?さっぱり分りません。
2008-01-20 日 21:38:54 | URL | fumiQ [編集]
かげさん、こんにちは
冬には冬の野山の楽しみ方があるんだな~って
落葉して明るくなった山道を歩いて思いました
見えなかった植物の様子がよく見えるんですね
裸芽や芽鱗
冬芽のこともありがとう!
こうして自然から離れられなくなるのかな(*^-^*)ゞ
2008-01-21 月 09:44:57 | URL | panda [編集]
新潟へ出張でコメントが遅くなりました。

>牛柄さんへ
ヤブコウジ、背が低いから雪に埋もれてしまいますよね。
最後のヤツはカラスやハト避けのフクロウですよ~
鳥害対策用ふくろうデコイ首振りタイプってやつだと思うけど・・・

>dada042さんへ
一応デジスコセット持ってきていたんですが、機会があればお見せしますよ。
正解です、最後のヤツはイミテーションです。

>白あずき さんへ
この時期の水物の現場は大変ですね。
新潟では底生の調査をしている人たちとすれ違いましたよ。
でも鳥調査も結構つらいですね。
最後のは鳥害対策グッズですよ~

>pole poleさんへ
と~っても寒かったですよ~
記事には書きませんでしたが、シュンランの実があって、
粉のような種に皆さん驚いていました。
新年会も少人数でしたが楽しかったですよ。

>あまぞんりりー さんへ
玉川上水もボランティアの方たちが清掃などの手入れをしているので
荒れることなくいろいろなものが見られます。
最後のは鳥害対策グッズですよ~

>hirahiraさんへ
こちらこそ、はじめまして。
冬芽や葉痕の観察は冬ならではですよね。
自然の事を中心に雑多な内容のblogですが、これからもよろしくです。

>fumiQさんへ
なんだか美味しそうに見えますよね。
ムラサキシキブの芽をよく見ると、葉脈の模様とかが見えるから
おもしろいですよね。
最後のは鳥害対策グッズですよ~

>pandaさんへ
そうですよね、冬はいろんなものが見えるんですよね。
常緑の低木とか、常緑のシダとかはもちろんですが、
落葉樹の枝振りがよくわかるんですよね。
あと野鳥が見やすくなるんですよ。
どんどん深みにはまってくださいね(^^ゞ
2008-01-23 水 23:24:25 | URL | かげ [編集]
やっぱり菫が咲いていましたか。
土曜日に行った寺家町ふるさと村で菫が咲いてないか気にしてたんですけどね~
この時期 ヤブコウジの赤い実は微笑ましい気分になりますよね。
アンテナにそんな細工物付けちゃって(笑) 確かにいい練習台です!!
2008-01-28 月 20:27:35 | URL | flor [編集]
>florさんへ
別な場所では去年末から咲いているところがありました。
上水のイヌシデの木は芽が大きく目立つようになっていましたよ~
この時期の赤い色は一味違いますよね。
この細工物で観察会が妙に盛り上がりました(^^ゞ
2008-01-30 水 12:43:17 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。