FC2ブログ
 
■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スミレ三昧-その4
だいぶあいてしまいましたが、先日の散策で見たタカオスミレアカフタチツボスミレ
ニョイスミレ(ツボスミレ)の続きです。

ちいさいちいさい
スミレ科フモトスミレ
このスミレもニョイスミレ(ツボスミレ)と同じように小さくて白い花をつけますが、
こちらは地上茎のないスミレのグループです。



「麓」と名前がついていますが、低地から高地まで幅広く分布しています。
北の方は岩手県、南の方は屋久島あたりまで分布するようで、様々な環境に
適応しているようです。

様々な環境に適応しているということは・・・
花の色、葉の色形がちがう品種が見られたりする・・・きゃ~

見ちゃいや~
それはさておき、花によって見てみましょう。
唇弁の先が尖り気味で、ムラサキの筋が濃いようですね。
おもしろいのは側弁の毛、花柱を隠すかのようにいっぱい生えています。

地面にぺったり・・・
地面にすれすれに葉を広げていることが多いので、雨が降った後などは
泥の跳ね返りで汚れていることが多いんですよねぇ・・・
葉脈にそって斑が入るものはフイリフモトスミレと呼ばれるそうです。

裏はこんな色
基本的には葉の裏は淡い紫色をしていますが、中には緑色のタイプもあるそうです。
鋸歯が結構目立ちますね。

7年前は・・・
7年前の写真ですが、全体はこんな感じ。
すぐそばにあるコナラのドングリありますが、大きさを比べてみると小さいですね。

最近気になっていることがあります。
この地域のフモトスミレの草丈が年々小さくなっているような・・・
気のせいかもしれませんが・・・
Coppice Note | 10:52:12 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
すみません、花だけではツボスミレと全く区別がつきません _| ̄|○
むしろ葉の方に目が行っちゃいますね、なかなか見良い葉だなぁ。

先日コシアブラを採りに山に入ったら、赤いスミレ?を見つけました。
赤、というよりは紅というべきか、赤紫に近いピンクというか。
葉は細長く艶やか、これがシハイスミレとかいうものなのかと、俺にはチンプンカンプンでしたけど^^;
枯葉の中にあって、たいそう目立っておりました、あれは何だったのかなぁ。
2008-04-29 火 20:33:35 | URL | 牛柄 [編集]
すみれ食べた!
一昨日泊まった群馬の山中の温泉でいただいた精進料理で、
胡麻豆腐の上にタチツボスミレが乗っていて、
「これは食べられます」 と言われました。
初めてスミレを食らいましたv-12
味は・・・胡麻豆腐のタレ味でした・・・

これからスミレを料理に添えるのにハマリそうです。

おっと、フモトスミレ、
私も、葉っぱに気づかず、小型のツボスミレと思っちゃいそうです。
2008-04-30 水 08:14:58 | URL | 白あずき [編集]
最近 スミレのお花の観察始めました~
まだまだわからないことだらけです。
目の前にしたら果たして答えられるかどうか・・・笑
こちらで 学ばせていただきます。
葉っぱがいいですね~ 特に裏側!
2008-05-01 木 08:36:16 | URL | pole pole [編集]
野山でスミレを見つけても、
葉裏をまじまじと見たことはありませんでした。
意外と綺麗な銅葉なんですね~。^^
ところで、野山のスミレにもアブラムシは付きますか?
(ビオラにはよく付いているんですよ。)

落ち葉の隙間から"ちょこん"と現した姿が可愛らしいですね。
この先も、ずっと消えることなく残ってくれるといいなぁ。
2008-05-01 木 21:48:05 | URL | fumiQ [編集]
多分、これと同じスミレを狭山緑地でも見かけました。
色形の違う品種があるといわれても・・・
元の種すら判別できないので、見つけても気が付かない可能性大ですw
2008-05-01 木 21:54:44 | URL | dada042 [編集]
かげさん、昨日私もフモトスミレ見つけました
かげさんの写真を見てたのですぐわかりましたよ(^O^)/
でも、これだと思っても違ったりするのがスミレ
家に帰って画像を見ても、う~んなんて思ってました(*^-^*)ゞ
葉っぱに斑が入ってたからフイリフモトスミレかも
小さなスミレで、けして美人じゃないけど愛嬌のある顔でした
2008-05-03 土 16:37:04 | URL | panda [編集]
なんだか葉っぱがやけに大きく見えるのは
花が小さいからでしょうね。
かげさんのところでもpandaさんのところでも
いっぱいスミレを学ばせていただいて、
スミレの種類は少し覚えたものの、判別できません。
玄関に変わったスミレが咲いていて喜んだのもつかの間。
お花やさんで似たようなスミレを見つけてがっかりです。
隣のパンダスミレだったようです^^;
2008-05-03 土 20:21:02 | URL | あまぞんりりー [編集]
>牛柄さんへ
花だけ見たら区別はつきにくいと思います。
葉の形と地上茎の有無をあわせてみるとすぐにわかりますよ。
赤紫のスミレ、可能性としてはマキノスミレ、サクラスミレ、アカネスミレあたり・・・
葉が細長く艶やかとのことだとマキノスミレかな?なんともいえませんが・・・

>白あずき さんへ
花だけ見たらツボスミレに似ていますよね。
葉の形と地上茎の有無をあわせてみるとすぐにわかりますよ。
そういえばヨーロッパのトゥーレット・シュー・ルーという町では
香りの強いスミレが名産でスミレ祭りの時はスミレ一色になるそうですよ。
スミレアイスとかスミレの砂糖漬けとかもあるらしいです。

>pole poleさんへ
pole poleさんならではの視点からスミレのレポート楽しみです。
「○○に毛が多いが、毛のないものもある」とか但し書きが多いから難しいんですよねぇ・・・
ヒメスミレなんかも葉の裏が赤いですよ~

>fumiQさんへ
一つ前のニョイスミレ(ツボスミレ)も根生葉の葉裏も紫色をしていることがあります。
自生のスミレにアブラムシがついているのは記憶に無いなぁ・・・
なのでそんなに付かないのではないでしょうか。

>dada042さんへ
狭山緑地でしたら一般的なフモトスミレしか見たことありません。
あるとしたらフイリフモトスミレかなぁ・・・

>pandaさんへ
そちらの方だと微妙なタイプが多いから同定が大変でしょうね。
よく似たヒメミヤマスミレなんていうのもありそうだから悩ましいですよね。
先日、栃木で淡い桃色のニョイスミレを見ましたよ。
図鑑なんかでは白としか書いていないから、結構悩みました。

>あまぞんりりー さんへ
関東あたりだと難しいスミレは少ないみたいですけど、pandaさんのほうは大変でしょうね。
最近、外来のスミレを野山でよく見かけるんですよね・・・
まだ話題になってはいないようですが、そのうち問題が出てくるのではないかと懸念しています。
2008-05-04 日 21:55:38 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。