■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初夏の自然観察会2008(玉川上水)
小平市野鳥と緑の会活動報告

本日は玉川上水緑道で初夏の自然観察会を開催しました。

咲いてる咲いてる~
野草ゾーンではオカトラノオが見ごろを迎えました。



線路や道沿いの草原は草丈が伸び、季節は夏へと移り変わっています。

駅から上水へ向かう道路沿いではキキョウソウ、キバナムギナデシコ(キバナバラモンジン)、
ヒメジョオン、イヌムギ、コバンソウ、アメリカフウロなどの帰化植物が多く見られます。
それらに負けじと、ノゲシは花と綿毛をたくさんつけていました。

上水沿いの野草ゾーンではオカトラノオ、ナンテンハギが咲き始めていていました。
そのほかテイカカズラの花ももうじき見ごろを迎えます。

これからが見ごろ~
サクラソウ科 オカトラノオ

ノカンゾウはつぼみがありましたが、まだまだ小さく、咲き始めるのはもう少しあと。
ワレモコウやアキカラマツは、元気よく茂っているので、秋が楽しみ。

こちらも見ごろです
トウダイグサ科 タカトウダイ
草丈があるタカトウダイも、花序は小さいので、咲いていることを見過ごしそうに。

雄花が咲いています
トウダイグサ科 タカトウダイ
杯状花序から雄花の雄しべがのぞいています。
もう少しすると真ん中から子房が飛び出てきます。

雄しべが長いですね~
ユリ科 ノビル
意外にも花が咲くことを知らない方が多いんですよね。
鱗茎は味噌をつけたりして食べると、ビールや日本酒がすすみますね。

もう芽が出ています
ユリ科 ノビル
こちらもノビルですが、花ではなく「ムカゴ」がついています。
しかも花茎についたまま芽が出ています。

普通のタイプ
ドクダミ科 ドクダミ
様々な薬効があるので十薬などと呼ばれています。
独特な臭いがあって、一度かげば二度と忘れないでしょうね。
ちなみに白い花弁のようなものは総苞片で、先の黄色い部分に多数の花が
集まってついています。

八重咲き~
ドクダミ科 ドクダミ
こちらは最近流行の総苞片が八重のドクダミです。
左下の片の様子がなんかおかしいですね。

1枚が2枚、2枚が・・・
ドクダミ科 ドクダミ
こちらは別の花序ですが、上側の片が葉に戻ってしまっています。
しかも総苞片の途中から花芽が出ています。

4枚が・・・あれ?
ドクダミ科 ドクダミ
さらに別の花序は、みんな葉に戻ってしまっています。
これを見ると、「花は葉から萼、花弁などの各部分に変形していったのか」と
思ったりします。

最後はいつも定番になっているイヌビワの前で植物の受粉についてお話して
解散となりました。

他の植物の写真は撮れませんでしたが、過去の観察会のエントリーがありますので
そちらもあわせてご覧くださいませ。
初夏の自然観察会2007(玉川上水)
初夏の自然観察会2006(玉川上水)
空に伸びる綿帽子
キバナムギナデシコ
ゴリゴリ
季節は夏へ
B&G | 22:02:16 | Trackback(1) | Comments(7)
コメント
すごいなぁ
かげさん、私のすきな花ばかりですよε=( ̄。 ̄;)
ノビルは見つけたからいいけど、オカトラノオも見たいし
それにドクダミも好きなんだ。ドクダミの白い色がとっても好き、
ドレスのような八重もみたいし、半分葉っぱのようなかんじも
葉っぱになったのも面白い。
かげさん不思議なドクダミをありがとう!
タカトウダイも季節なんですね、これから雨が降るなんて・・・いやだ~
2008-06-09 月 14:04:45 | URL | panda [編集]
ほう、ドクダミを参考になかなか興味深い話ですね。
どうも陰気臭い草として、個人的には避けてた花ですが、
花びら(総苞片)の変化仕様の観察で、こんな面白い考察に導かれるとは・・・。
なるほど! と、目が開いた感じです^^
こうしてみると、“花” への進化の道がよりよく理解できたような気がします。
2008-06-09 月 22:25:18 | URL | 牛柄 [編集]
オカトラノオ きれいですね~ 大好きです。
ノビルのお花 panda さんのところでも拝見しました。
可愛いお花ですよね。
ドクダミの八重 探しているのですが なかなかみつかりません。
小さな花の下にある小苞が変化したものと聴いていますが・・・
普通は雄しべが花弁に変化して八重になるのに これは変わっていますよね。
こんなに葉っぱに戻ったのですね~
おもしろい!
緑が点々としているのはハンゲショウみたいで美しいです。
2008-06-12 木 13:10:32 | URL | pole pole [編集]
ずいぶんと背の高いオカトラノオですね。
競争相手が多くてデカイから、頑張って背伸びしているんでしょうか?
でも、ちょうど目の位置に咲いてくれてて観察しやすそうですね。

ドクダミって園芸種に八重や派手な葉っぱタイプがありますが、
八重の野生種もあったんですか!?
こりゃぁ・・・わざわざ買う必要がありませんね。
(後が恐ろしいので買いませんが。^^;)
2008-06-12 木 23:03:13 | URL | fumiQ [編集]
オカトラノオは花も大好きですが、
蕾のときが魅力的ですね~
この規則性がとても美しいです。
タカトウダイは葉っぱから直接 花が咲いてしまったような…
ユニークです♪
pandaさんが捜したというノビルの花まで見つかりましたか。
玉川上水 あなどれませんね^^

ドクダミの葉っぱは黒っぽい印象なのですが、
八重はそうでもなさそうですね、
花の美しさは認めます。
が、あの匂いはやっぱり苦手です。
2008-06-13 金 18:39:09 | URL | あまぞんりりー [編集]
八重ドクダミの野生ってあるんですねー。
我が家の八重は、花屋さんで購入したものですが、今年はまだ咲きません・・・。
先祖返りして一重になってたりして?

オカトラノオ、いいですね。
大好きな花のひとつです。
最近あまり見かけなくなりました。
去年行った自然教育園では、かつてオカトラノオが生えていたとこも、ヌマトラノオに遷移していたし。


ドクダミ記事、TBしてしまいました。
ご笑納下さいi-229
2008-06-13 金 19:20:26 | URL | 白あずき [編集]
>pandaさんへ
八重のドクダミ、葉に変化するとは思わなかったですよ。
これにはみんなびっくりでした。
梅雨の季節、九州は大雨のニュースをよく聞きますが、今年はどうなんでしょうか。

>牛柄さんへ
このドクダミはほんと不思議で、みんなで驚きました。
植物の進化の過程は奥が深いですよ。
語りだしたら限がないくらいです。

>pole poleさんへ
玉川上水ではノカンゾウが咲き始めました。
半分だけ白いままのドクダミ、結構綺麗ですよね。
うちの庭の八重のドクダミもこうならないかちょっと期待していたり・・・

>fumiQさんへ
このあたりのオカトラノオは結構背が高いようです。
群生していて競争するから伸びるのかもしれませんね。
この八重のドクダミ、おそらく野良だと思いますよ。

>あまぞんりりー さんへ
オカトラノオは全部開いたときより、一部分だけの方が綺麗に見えますよね。
玉川上水ではノカンゾウが咲き始めましたよ。
いいところですので、散策なされてはいかがでしょうか。

>白あずき さんへ
野生というよりも野良ではないかと思います。
ヌマトラノオにということは湿性の環境に変化してしまったんですね。
TB見ました、生けたドクダミってなかなかいいもんですね。
2008-06-13 金 23:44:47 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

梅雨の合間
今頃の季節というと、毎年恒例となりました・・・ そう。 大好きなドクダミの季節です。 大好きなんで、毎年根っこを残して除草するので... 2008-06-13 Fri 19:15:49 | Amarantine~永遠の花~

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。