■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自生地のヒメシャガ
いつもコメントをいただいているpole poleさんのBlog「Bun meets man.」に
シャガとヒメシャガのエントリーがありました。

pole poleさんからの是非にとの事で、自生のヒメシャガの写真をご紹介します。


テルーの唄が似合いそうな風景ですね。



これらの写真を撮ったのは7年前のちょうど今頃。
自分の植物の先生から「ヒメシャガの写真を撮りに行かないか?」との誘いで
「行く~」と簡単に答えたのが始まり・・・

車を停めてから谷底まで降りて行き、沢沿いを登ること数時間・・・
最後は急な山道と岩場を登りたどり着いた先で見たものが1枚目の写真。
ちなみにここは東京都ですよ~



「この岩場の裏にいっぱい生えているから」と言われ、上から覗き込むと確かにある
下が見えないほどの急な斜面に・・・



斜面にへばりつきながらなんとかいい株を探す・・・
探す、探す、探す・・・



撮影し終わって、昼飯を食べながらふと思い返す。
「あの急な斜面の先は高さ数百mあるんだよなぁ・・・」
ちょっと涼しくなりました。

とてもスリリングな一日、前もってどんなところに生えてるか調べておくんだった(>_<)
でもまた行きたいなぁ・・・
Coppice Note | 23:22:44 | Trackback(1) | Comments(8)
コメント
かげさん、こんにちは
ヒメシャガはやさしい感じですね
急な斜面の先を考えると私なら思いとどまるかも
でも見たいんですよね・・・(∩.∩)
いつもどこで線を引くか考えてます
2008-06-14 土 13:18:22 | URL | panda [編集]
こんばんは!
リンクとTBとをありがとうございました~
こちらからも TB させていただきました。

自生のヒメシャガ とってもいい色しているのですね~
それにとてもすごい崖に自生しているのに感動です。
平地や園芸種とは一味も二味も違って見えます。

わざわざ ありがとうございました。
とっても嬉しいです。
2008-06-15 日 20:50:46 | URL | pole pole [編集]
シャガなら野生種をよく見るけど、ヒメシャガのそれは見つけたことがないなぁ。
崖に生える、なるほどと思いました。
確か敵の侵入を防ぐため、山城とか壕の斜面にシャガを植えてたんですよね、中世は。
植生を生かした実用一点張りでなく、花の頃にはなかなかの見ものだったことでしょう。
ふと思い出した、エピソードです^^;
2008-06-15 日 20:56:00 | URL | 牛柄 [編集]
ヒメシャガって厳しい場所に生えているんですね。
ん?我々には厳しく見えても、ヒメシャガには楽園なのかな?
優しい花色ですが、
葉っぱの色や垂れ具合も優しい感じですね。

高さ数百mの斜面ですか… "後"に知ってよかったですね。
でないと、膝がガクガクしてころげ落ちたかも。^^
2008-06-15 日 21:59:23 | URL | fumiQ [編集]
7年前ですか、今はもっと仲間が増えてればいいですね、
そういえば絶滅危惧種でしたね?
ここはどの辺でしょうか、
降りて登って降りて登って、ですね?(笑)
登るだけなら帰りは降りるだけなのにね(笑)
なんかややこしいこと言ってすみません^^;

姫の冠言葉どおり、小粒な感じで可愛いですね。
2008-06-18 水 19:54:30 | URL | あまぞんりりー [編集]
 いつも近場の安全なところでばかり写真を撮っているせいか、
すっかり忘れていました。
”こんなに急峻な場所にも咲く花がある”ってこと。

 ”愛でてくれる手もなくて……”

 それでも、ヒメシャガは、凛としていてきれいですね。
撮りにゆくのは勇気がいるけれど。
2008-06-28 土 10:33:24 | URL | りんがむ [編集]
ヒメシャガ、清楚でいいですね。
園芸種で育てていましたが、今年だめにしてしまいました。
だけど、やはりこういう場所が似合っているのかも・・・
(行くのはタイヘンそうですが・・・)
”高嶺の花”?

今年は現場に行けそうにないので、かげさんのレポ楽しみにしています♪
よろしく。
2008-07-13 日 07:52:06 | URL | 白あずき [編集]
返信、遅くなりまして申し訳ありません。
仕事が立て込んでいて、余裕がありませんでした。

>pandaさんへ
野生のヒメシャガはどこか違いますね。
このヒメシャガを見るためならと思っちゃいます。
何処で一線を引くかはとても大事ですよね。

>pole poleさんへ
TBどうもです。
野生のものは一味も二味も違いますよね。
これを見ると、行くまでの苦労はたいしたことなく感じます。

>牛柄さんへ
山城とか壕の斜面にシャガ、実用だけではないなるほどですね。
ヒメシャガは石灰岩地帯の崖地などにあるから、よほどでないと
目にすることは無いでしょうね。

>fumiQさんへ
色合いや葉の感じがいいですよね。
姿に似合わず凄い場所に生えていましたよ。
ヒメシャガには楽園なんでしょうね。

>あまぞんりりー さんへ
だいぶ前ですが、増えているといいですね。
生育環境が限られているから、増えるのにも限界があるんでしょうね。
場所はBlogの方にでも書き込んでおきます。

>りんがむ さんへ
植物は様々な場所で適応していますよね。
この植物は植物園よりも野生のものを見る価値はあります。
行くのは大変ですが・・・

>白あずき さんへ
まさに高嶺の花ですね。
環境が特殊なので育てるのは難しいのかな。
余裕があれば、現場レポでも・・・
2008-07-13 日 23:07:56 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

:シャガとヒメシャガ:
シャガの写真は4月の初めから 撮り貯めていたのですが アップする機会がありませんでした。 今回 5月の初めと終わりとにヒメシャガを観... 2008-06-15 Sun 20:45:58 | Bun meets man.

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。