FC2ブログ
 
■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第20回小平市野鳥と緑の会総会
小平市野鳥と緑の会活動報告

本日は中央公民館で、第20回小平市野鳥と緑の会の総会を行いました。

お暑い中、お集まりいただきまして・・・



総会ではプロジェクターを使って平成19年度の事業報告を行い、活動を振り返りました。
また、決算報告、監査報告のあと、平成20年度の事業計画案および予算案を発表し
承認をいただきました。

今年度は20周年記念として泊りがけでの観察会を予定しております。

総会に続いて高知県立牧野植物園評議員、国土建設学院講師である足立五作雄さんによります
講演会を行いました。

まずは自己紹介を・・・

北米の落葉樹林帯における隔離植物について、現地で撮影されたスライドを交え
のお話でした。

写真で見る風景は、黙って見せたら日本かと思うほど、よく似ていました。
お話によると、カエデ類やブナ類の樹林の林床には、ユキザサ、マイヅルソウ、
エンレイソウ、ワラビなど日本で見るものととてもよく類似しているそうです。

この植物たちは・・・

どうして類似しているかについては、まだ研究がそれほどなされていないそうで
不明な点が多いそうです。
地球の反対側の土地で、日本と類似した植物が見られるということはとても
興味深いことですね。


次回の観察会のお知らせ。
8月3日に小平市中央公園にてセミの羽化とコウモリの観察会
8月17日に小平市中央公民館にて夏の星空観察会
を開催する予定です。
両観察会は一般の方も参加いただけますので、よろしければ申し込みをどうぞ。
B&G | 23:46:25 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
不思議なもんですね。
一般に隔離された環境では、他環境に影響されない進化のオリジナリズムというか、特異性が発揮されるのに(Ex:ガラパゴス)、
この場合、進化の水平志向性が顕著だったんでしょうか。
意図しない人為的移植(と言っていいのか?)も想定できない時代に形成されたでしょうに、なんとも不思議な現象です。
あるいは、同じ植物たちが根付いたころから、殆ど進化してないってことなんだろか・・・・。

生コウモリ、そういや近年ほとんど見てないなぁ。
2008-07-14 月 22:18:48 | URL | 牛柄 [編集]
>牛柄さんへ
話を聞いていてほんとに不思議でした。
どうして類似しているのかについてはまだよくわかっていないそうです。
進化にも様々な要因がかかわっていますから、凄いことですよね。
2008-07-29 火 23:24:56 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。