FC2ブログ
 
■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋の市外自然観察会2008(野山北公園)
小平市野鳥と緑の会活動報告

本日は狭山丘陵にある野山北公園で初秋の自然観察会を開催しました。



去年の様子はこちら→秋の市外自然観察会2007(野山北公園)
一昨年の様子はこちら→秋の市外自然観察会2006(野山北公園)



今日は曇りの予報・・・が!なぜか青空・・・
いいほうに天気予報が外れたので一安心です。

さて、今日の観察会の場所なんですが、武蔵村山市の北側、狭山丘陵の
南西側に位置しています。

狭山丘陵は東京都と埼玉県にまががる丘陵地で、山地や他の丘陵地と
つながっておらず、武蔵野台地の上にほぼ独立した形で横たわっています。

この丘陵の大部分を二つの貯水池が占め、その周囲には樹林、湿地、
田畑、草原、池、住宅地など様々な環境が見られます。


大きな地図で見る
Googlマップで見るとよくわかるかと。

植物の調査も色々と行われているようで、手持ちの資料からいくつか。
じつは「武蔵村山市史」の調査は自分もお手伝いしたんですよ。

・1967年に東京薬科大学植物研究部でまとめられた「狭山丘陵の植物」
では979種(亜種、変種、品種は含まず)。

・1979年~1988年に都立武蔵村山高等学校生物部でまとめられた「狭山
丘陵動植物調査報告書」調査では546種(丘陵の西部中心)。

・1993年~1998年に武蔵村山市でまとめられた「武蔵村山市史資料編」
では870種(狭山丘陵以外の武蔵村山市内を含む)。

武蔵野全域では約1500種(檜山庫三:武蔵野の植物(1965)による)と
されているので、狭山丘陵にはその約60%以上が生育していることに
なります。
まさに植物の宝庫ですね。

さて、前置きはこのくらいにして観察会のお話おば。
今回は秋の草花が多く見られる谷戸の田んぼや草原、林縁を巡るコースです。


谷戸の湿地ではミゾソバの大群生、淡いピンク色の絨毯が広がっています。
ガマの穂ももうじき爆ぜそうです。

ブーケのよう
淡いピンク色の絨毯によって見ると、花は光り輝いて、まるでブーケのよう。


林の中にぽっかりと開いた草原ではオトギリソウやヒヨドリバナが群生しています。
オトギリソウを見る前に、田んぼでコケオトギリを観察していたので、大きさの違いに
みんなびっくりです。


林縁ではアオツヅラフジの実が色づいています。


林縁ではこのゴンズイやクサギ、ノブドウの実があちらこちらに・・・


道端にはススキの穂が枝垂れていて、花が咲いています。


日当たりのよい草原ではチカラシバ、アキノエノコログサ、キンエノコロなど
まさに「秋!」といわんばかりの植物が見られます。

このほかヤマハッカ、ユウガギク、シラヤマギク、カシワバハグマ、ヤブタバコ、
キバナアキギリ・・・秋ならではの草花がいっぱいです。

忘れてはならないのが昨年も話題にした植物の実「ひっつき虫」
よく見ると、みなさんのズボンのすそには、チヂミザサ、イノコヅチ、ヌスビトハギ
などなど、たくさんの実が・・・
わかっていながら今年も植物の戦略に見事にはまってしまいました(^^ゞ

あっという間に時間が過ぎてもうお昼。
見晴らしのいい展望台でお弁当を広げます。


今日のお昼は、京都の方からいただいた自家精米とれたて新米の塩むすび。
う~ん美味!


次回の観察会のお知らせ。
10月26日 高尾山にて樹木野草観察会
高尾山樹木野草観察会は一般の方も参加いただけますので、詳しくは小平市市報をご覧下さい。
B&G | 21:23:24 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
ほぼ独立した地勢ということは、他では見られない生態系なども観察できそうですね。
年次における植物史の変遷も、充実した資料からたどることもできそうで、研究ってのはそういうことの積み重ね、継続的な調査サマサマです。
そして野を歩き、自然を堪能したあとは・・・・。
シンプルな塩おにぎり、そういうのが一番ンマイ!w
2008-10-06 月 20:19:03 | URL | 牛柄 [編集]
おにぎりが旨そうですw
>狭山丘陵にはその約60%以上が生育
ほぇ~・・・そんなに良い環境だったのですか。
近すぎて全く気がつきませんでした。^^;
かげさんのブログを見てると、地元住民のくせにあまりの知識の無さに凹んでしまいます。。
2008-10-06 月 23:31:48 | URL | dada042 [編集]
こんばんは、かげさん
かげさんこんばんは
私も山ではおにぎりです。手抜きかもしれないけど(*^-^*)ゞ
去年、一昨年とみてきました。かげさんのようにフィールドを見守っていると、毎年どんな風に変っていくのかわかるのでしょうね、そういう観察って好きです。
ミゾソバがたくさん咲いた様子、思い浮かびます。長崎ももうすぐですよ。
秋の山は、どんぐりやブドウ、紅葉とお土産に拾って帰るものが多くて大好き。
2008-10-08 水 22:34:14 | URL | panda [編集]
ほんとだ、ミゾソバのお花の密度が高い!
きっと栄養どっさりの土なのでしょうね、
アオツヅラフジの実はブルーベリーみたい!
植物の宝庫なのでいろんな草花がたくさんあって、
でも強い植物がはびこってきて淘汰されてしまいそうです。
東薬や市で調査されてるってことは管理もされてるのでしょうね。

そういえばコジュケイを初めて見たのはここでしたっけ。
ここに来れば新たな出会いもありそうですね。
かげさんのお写真、とてもきれいです(^∇^*)v
2008-10-09 木 19:01:51 | URL | あまぞんりりー [編集]
秋の野山、かけずり回りたくなってきました! 
かげさんの写真にタメイキ・・・
今日は、カメラを持ってでかけてみようかな・・・。

チカラシバ大好きです!
2008-10-10 金 09:02:32 | URL | 白あずき [編集]
植物相が濃いということは観察する方にとってはありがたいことですね。
お写真を拝見していると 秋の植物たけなわって感じですね。
ゴンズイ可愛いし アオツヅラフジの果実もとても美しい!
ミゾソバの群生はみごとです。
金平糖のようなこの仲間は美味しそうですよね。
ススキのお花も地味だけど味があって好きです。
おにぎり とっても美味しそうですよ~~!
実り多い観察会でよかったですね。
2008-10-10 金 23:34:19 | URL | pole pole [編集]
多忙につき返信が遅くなりまして申し訳ありません。

>牛柄さんへ
調査に携わったものとして、過去に色々な調査がされているんで
とても参考になりました。
ほんとありがたいものです。
やぱり最後はシンプルなものが一番かもしれませんね(^^ゞ

>dada042さんへ
特殊な環境なので開発の速度が遅くなって、数多くの植物が見られるんでしょうね。
身近にあるからこそ気が付かないことって結構ありますよね。
だから凹まないで下さいませ~

>pandaさんへ
もうミゾソバは咲いたでしょうか?
秋の野山はお土産がいっぱいでいいですよね。
やっぱり山ではシンプルなおにぎりが一番ですね(^^ゞ

>あまぞんりりー さんへ
都立公園や水道用地が大半を占めるていて、萌芽更新や散策路の整備などの管理があちこちでされています。
最近では不法投棄を防止するための対策もされてます。

>白あずき さんへ
秋の野山はいいですよ~
もうじき紅葉が始まりますね~
チカラシバ、色がいいですよね。

>pole poleさんへ
やっぱりここの植物相は濃いですね。
四季を通じて様々な植物が見られるのでいつ行っても満足できます。
そろそろカンアオイがいいかもしれません。
2008-10-22 水 20:44:16 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。