■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初夏の自然観察会2006(玉川上水)
小平市野鳥と緑の会活動報告

本日は玉川上水緑道で初夏の自然観察会を開催しました。

あ!咲いてる咲いてる!



春の花が咲き終わり、何も咲いていないように感じてしまう季節ですが、
夏の花はひっそりと咲き始めています。

道路脇ではキキョウソウ、ヒメジョオン、ナガミヒナゲシ、マメグンバイナズナ
などの外来の野草が目につきます。

線路脇で特に目を引くのは、キク科のキバナバラモンジン(バラモンジン)で、
タンポポの綿帽子に似た物をつけるのですが、サイズが種だけで約2cm...
まさにタンポポのお化けといったところ。

野草保護ゾーンではボランティアの方々の手入れのおかげで、様々な野草を
見ることができました。

その中からいくつかご紹介。

花がオドリコソウに似ています
シソ科 ウツボグサ
茎が四角くて葉が対生なのがシソ科の特徴です。

花序の付け根に珠芽があります
ユリ科 ノビル
日のよくあたる場所では花よりも珠芽になることが多いそうです。

一見すると離弁花、でもサクラソウの仲間で合弁花です
サクラソウ科 オカトラノオ
つぼみもたくさんついていたので、あと2週間くらいは見ごろだと思います。

外来種だってきれいです
アブラナ科 マメグンバイナズナ
実が軍配の形をしているところからついた名前だそうです。

このほかに、ナンテンハギ、イヌホオズキ、キンミズヒキ、スイカズラ、
カラスビシャク、ハエドクソウ、ドクダミ、ツユクサ...

花の咲いていない野草も数多く見ることができました。

普段からみなれている花もルーペをつかってみて見ると、また違った
発見があります。

ぜひともルーペを使って観察することをお勧めします。

次回は6月18日におたのしみ自然観察会を予定しています。
B&G | 15:16:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。