FC2ブログ
 
■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高尾山樹木野草観察会2008
小平市野鳥と緑の会活動報告

本日は朝日カルチャーセンター講師の筒井千代子先生をお招きして、高尾山での
樹木野草観察会を開催しました。



去年の様子はこちら→高尾山樹木野草観察会2007
一昨年の様子はこちら→高尾山樹木野草観察会2006



朝方まで降っていなかったのに、家を出る頃には「ザ~」っと音を立てている・・・
前日まで天気予報では晴れだったのに、朝にはお得意の手のひら返し(^^ゞ

レーダーで確認したところ、現地では止みそうな気配。
朝からわたわたしてしまいました

高尾山は雨の後、山の空気も、心為しかひんやりと感じます。

季節は二十四節季の霜降を過ぎた頃、とはいえ、山の木々の多くはまだ緑色。
紅葉はまだまだ先のようです。

今回はケーブルカー高尾山駅から1号路、3号路通って山頂へ、裏高尾紅葉台で
昼食後折り返しのコースです。

恒例となったケーブルカー高尾山駅前のブナとイヌブナを観察します。
今年は実がついていないようで、実の観察はできませんでした。



山道のあちらこちらでは、アズマヤマアザミ、ヤクシソウ、シロヨメナ、 アキノキリンソウ、
シラヤマギク、コウヤボウキ、 オクモミジハグマ、ツルグミ、センボンヤリ・・・
書いたら限がないくらい多くの秋の花を見ることができました。

頭上には色が変わり始めたメグスリノキの実が枝から離れるのを待っています。
そして足元を注意してみると緑色のかわに包まれたカヤの実が・・・
観察は上に下に右に左に大忙しです(^^ゞ

薄暗い林床が曇りでいっそう暗くなっていたので、あまり花の写真が撮れませでした。
その中からいくつかご紹介です。


スミレ科 エイザンスミレ
山道脇の斜面に一輪咲いていました。
エイザンスミレは秋に閉鎖化ではない花をつけることがあるそうです。


キク科 キッコウハグマ
いつもは閉鎖化しか見ることができないのに、開花を見ることができました。
先生の話だと今年は当たり年らしく、別な場所でもかなりの数咲いていたそうです。


マメ科 ノササゲ
昼を食べた場所の近くで見つけました。
熟した実の紫色の鞘と、「ボン!キュ!ボン!」なくびれがまさに色っぽいです(^^ゞ


ガガイモ科 キジョランとアサギマダラの幼虫
渡りをする蝶、アサギマダラの幼虫がキジョランの葉裏にいます。
葉の食べ方が特徴的で、写真のように葉の表面をかじった後、しばらくしてから
内側を食べてゆきます。

これはガガイモ科の植物の樹液にはゴム成分が含まれているためで、そのまま
食べると体に影響があるためなのだそうです。
つまり幼虫は、輪のように葉を傷つけることで、樹液を外へ出してからムシャムシャ・・・
なんて賢い!
自然界の不思議さを再認識した瞬間でした。

通常、山頂まで1時間かからないコースを、様々な植物の解説をしていただきながら
3時間近くかけて登りました。
ゆっくりしたペースで歩きますので、いつもと違ったものが見えてくるのではないでしょうか。
またのご参加をお待ちしております。


次回の観察会のお知らせ。
11月9日 巣箱掛け点検(市事業協賛)
11月16日 秋の自然観察会(玉川上水)
※16日の観察会は雨天振替えによる巣箱掛け点検と重なる場合がありますので、
 事前に事務局まで問い合せください。
B&G | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
そういえば去年はブナの実が大豊作でクマのエサがどーの、というニュースがありましたね。
豊作と不作の年変動が大きい、そして今年は不作・・・・ということは、クマが人里に下りてくる可能性増大かぁ。
それと妙にナットク! 言われてみればガガイモって、あまり葉が食われてなくなってる様子って見たことないような。
虫さんも生活の知恵、というか競合しないよう他の食わないものを選ぶようになってるんだなぁ。
2008-10-27 月 20:13:32 | URL | 牛柄 [編集]
たくさんの植物が見られたとのこと うらやましいです~
キッコウハグマ エイザンスミレ 美しいですね~
え~~!アサギマダラの幼虫にはびっくり!
どうして幼虫にわかるのでしょうね~~恐るべしDNAなんでしょうね。
なんて賢い!
自然って本当に不思議がいっぱいですね~~
2008-10-28 火 20:43:37 | URL | pole pole [編集]
こんにちは
かげさん、一段落しましたか?連休も大忙しかしら?
>樹液を外へ出してからムシャムシャ・・・
すごいですね、こんな小さな幼虫がそんなことを知ってるなんて。感激!
「一寸の虫にも五分の魂」っていうけど、半分は魂だからやっぱり賢いんだ・・・
キジョラン見に行こう・・・なんだか楽しみを見つけました。
キッコウハグマ咲いてて良かったですね、近くの山のは閉鎖化ばかりだから、出会うとウレシイ花です。それに季節外れでもスミレが咲いてるのもね。
2008-10-31 金 12:17:02 | URL | panda [編集]
>牛柄さんへ
ブナの実が不作だと里へおりてくる熊が多そうですね。
ガガイモの仲間は食べられないようにしているんでしょうけど
虫も然る者ですね。

>pole poleさんへ
キッコウハグマの花、初めて見られたので最高でしたよ~
アサギマダラの幼虫の行動にはビックリですよね。
ほんと自然はふしぎがいっぱいですね~

>pandaさんへ
まだまだ忙しい日々が続いています・・・
幼虫がどうしてそんな行動をすれば大丈夫なのか、
考えるだけで眠れなくなりますね(古!)
キッコウハグマの花、初めて見られたので最高でしたよ~
2008-11-04 火 22:18:48 | URL | かげ [編集]
高尾山と言ってもルートがいろいろありますね、
去年、日影沢のルートで登ってみたのですが、
だ~れもいなくて、でも植物には沢山会えて、
それ以来、ルートを見直すようになりました。
ミシュランの三ツ星効果で大人気だそうで、
これから紅葉で、また混むのかなぁ。。
でも裏高尾は穴場かもしれませんね!

アサギマダラの幼虫の食い跡にニンマリ♪
渡りをする蝶ってだけでも健気で大切にしたくなってしまいます。
キジョランですねφ(..)メモメモ ガガイモ科で、、
じゃ、綿毛になるのでしょうか、探してみます!
2008-11-05 水 19:04:39 | URL | あまぞんりりー [編集]
こんばんは。ご無沙汰しています。
紫色の豆、私が見たのと同じですね♪
でも"ボン!キュ!ボン"という表現は、流石かげさんだなぁ~。^^
驚いたのは、アサギマダラの幼虫です。
あの美しいアサギマダラとは想像もつかないくらい地味な姿で、幼少期を過ごすんですね。
その変わり様と賢さに自然の面白さを感じました。
2008-11-05 水 23:24:49 | URL | fumiQ [編集]
高尾山、懐かしいです。
仕事で平成10年から通ってるけど、
今年はとれませんでした。
もう行くこともないだろおな~。
キジョラン、よく見かけましたっけ。

イロハモミジの紅葉は、どれくらいでしたか?
2008-11-06 木 22:54:23 | URL | 白あずき [編集]
>あまぞんりりー さんへ
高尾山はいろんなルートがあって、それぞれ環境が違うので
どのルートでもおもしろいですよね。
裏高尾の尾根縦走ルートは結構いいですよ~
晩秋~初冬にかけて3号路を歩くと綿毛のついたキジョランの種が
落ちてますよ~

>fumiQさんへ
いや~あの実を眺めていたらつい・・・(^^ゞ
幼虫の頃はほんと地味ですよね。
アサギマダラの幼虫といわれなければ想像できません。

>白あずき さんへ
今年は取れなかったんですか、残念すね。
そういえば、うちも取れなかったのが結構あったなぁ・・・
この時点で紅葉はほとんどしていませんでしたよ~
交通の便がいいからぜひプライベートでどぞ!
2008-11-07 金 21:06:12 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。