FC2ブログ
 
■プロフィール

かげ

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウバユリへの道~その2~
前回のエントリー「ウバユリへの道~その1~」ではアキノタムラソウ、ミズタマソウ、
キツネノマゴなどに道草を。


リョウメンシダの上にじっとしているヤツがいた。

道草ばかりでなかなかウバユリの場所までたどり着けません・・・(^^ゞ


北側の斜面を降りるように続く道、ここにも色々な花がいっぱいです。
尾根の北側になるのであまり”あわあわ”した写真にはなりません。


キク科 ヒヨドリバナ
花をよく見たら、面白かったので、道草。
先が2つに分かれた雌しべの花柱が、花冠から長く飛び出していて面白いです。
頭花は4~5個の両性の筒状花があつまっています。
秋の七草の1つ、フジバカマの仲間です。


キク科 ヒヨドリバナ
図鑑ではヒヨドリの鳴く頃に花が咲くことからこの名がついたとのことですが、
ヒヨドリっていつも鳴いているよなぁ・・・


タデ科 ミゾソバ
花弁の先が紅紫色に色づいて、なんともいえない色だったので、道草。
群生して一斉に花を咲かせる風景は、ものすごいきれいです。
葉の形が牛の顔に似ていることから、ウシノヒタイという別名がついているそうです。


ハエドクソウ科 ハエドクソウ
日陰にいっぱい咲いていて、花がきれいだったので、またしても道草。
よく見ると萼の先が櫛のようになっていて、紅紫に色づいていました。
ハエドクソウ科は1属1種のみで、クマツヅラ科に近縁なんだそうです。
全体に有毒成分があるそうで、根を煮詰めた汁でハエトリ紙を作るとのこと。
そのためハエトリソウの別名があります。

ウバユリ、期待していた方にはごめんなさい。
次回に登場します。
Coppice Note | 00:39:31 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
あはは! まだウバユリには辿りつけなかったのですね。
道草のおかげでたくさんの可愛いお花に逢えたのですから・・・
ミゾソバ もう咲いているのですか・・・

ヒヨドリバナ 見たいお花です。フジバカマによくにているけどこっちの方が野趣味がありますよね~

あ~早く拝見したいウバユリ!
2007-08-01 水 16:07:38 | URL | pole pole [編集]
どれもこれも面白そうな花ですね。
こりゃ、なかなかウバユリにたどり着けないワケだw
ところでハエトリソウ、その効果から思ったんですけど、
ハエに効くってことは、他の虫にも効くのかな?
例えば煮汁を防虫剤代わりに散布すると、イヤな虫が付かないとか。
 (ナスに寄るダマシに困ってる我が家です。 あれのせいでナスが苦くなって食えん!)
2007-08-01 水 22:33:50 | URL | 牛柄 [編集]
両面シダ
なぜか、好きです。
見分けがつきやすいからかな?
ぐうぜんですが、私も今日山に入ってリョウメンシダの写真を撮ってきました。
シダ類も奥が深くて、楽しいですね・・・。
道草してしまう気持ち、よくわかります。
2007-08-01 水 23:02:16 | URL | 白あずき [編集]
ウバユリの帰り道も・・・あるのかな?
リョウメンシダって納得の名前です。
シダも奥が深くて、はまったら大変そう・・・(^^*)
ヒヨドリバナ咲いてますよ~
ミゾソバのやさしいピンクがきれいです
それにほっそりと痩せ型で。長崎のとは違うみたい(^^*)
どの花も寄り道したい気持ちが、伝わってきます
きれい
2007-08-02 木 20:42:30 | URL | panda [編集]
これは大きい! りっぱです。
こうやって見ると頭が小さくて、どこに目があるのやら^^;
私もナナフシに会いたいです。
ヒヨちゃんの話になったら、身内のことを言われたようで、黙っていられなくなりました(笑)
オナガが子育ての春から初夏の頃は姿を消してました。
だからこの名前の根拠は納得です。

ミゾソバは小さな花ですね。
でもちゃんとシベまで写ってて、実物よりかげさんの写真の方が可愛いですd(^^*)
ヒヨドリバナは井の頭公園の野草園に咲いてますが、柵からはるか彼方、全然見えないんです。
しっかり見られたので嬉しいです^^
2007-08-02 木 21:15:16 | URL | あまぞんりりー [編集]
う~ん、いつになったらウバユリに到達するんだろう。(笑)
でも、大丈夫。この前ウバユリをいっぱい見ましたから。^^
ミゾソバ綺麗♪
ママコノシリヌグイより、花が広がっていているんですね。
群生見てみたいです。
あまぞんりりーさんと同じく、ヒヨちゃんに反応してしまいました。
大好きな鳥さんですから。^^
ヒヨちゃんが鳴く時期に咲くということは、1年中咲いているんですね!
(間違った解釈?^^;)
2007-08-02 木 21:49:00 | URL | fumiQ [編集]
ナナフシ、シダの葉の上だとバレバレですね。
それにしても綺麗な写真ばかり。
すごいっ!
2007-08-02 木 22:18:58 | URL | のやまびと [編集]
>pole poleさんへ
ミゾソバはぽろぽろと咲いていました。
ちょっと花が少ないんでほっそり見えます。
ヒヨドリバナは狭山丘陵ではいっぱい見られますよ~
次はお待ちかねのウバユリの登場です。

>牛柄さんへ
ハエドクソウに含まれているいくつかの成分のうちレプトスタキロール・アセトート
というものに殺虫効果があるそうです。
ハエ以外の虫に効果があるかはちょっとわかりません、水虫に効くらしいけど(^^ゞ

>白あずき さんへ
リョウメンシダはわかりやすいシダですよね。
シダはとても危険な深みがありますからご注意を~
実はうちには全7巻のシダの図鑑があったりします(^^ゞ

>pandaさんへ
行きで集中力が切れたのと、雷雲がわいてきたのとで、帰り道の分はないんですよ。
このミゾソバは咲きはじめだし、花つきが少ないのでほっそり見えるだけだと思います。
普通はぽってりしてますよね。

>あまぞんりりー さんへ
このナナフシ結構大きかったですよ。
もっとアップで撮ろうと思ったら、逃げられてしまいました。
ヒヨドリも昔は季節で変動があったんでしょうね。
ヒヨドリバナは狭山丘陵ではいっぱい見られるしさわりまくれますよ~

>fumiQさんへ
次はお待ちかねのウバユリの登場です。
ミゾソバの群生はすごいですよ~
アキノウナギツカミより花が大きめなのでそれはもうきれいですよ。
ヒヨドリバナ、最近は温暖化の影響で1年中さいて・・・・なわけないですね(^^ゞ

>のやまびと さんへ
さすがのナナフシもシダの上ではばればれですよね。
写真は古い200万画素のコンデジなんで・・・結構補正を入れてあるんです。
2007-08-02 木 22:58:30 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。