■プロフィール

Author:かげ
野鳥と緑の会の活動を中心に、生き物に関することなどを書いています。
プライベートサイト「Coppice Note」もよろしければどうぞ。

■カテゴリー
■最近の記事とコメント

■リンク
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■過去ログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウバユリへの道~その3~
いろいろと道草をして、やっとウバユリの咲く場所にたどり着きました。


湿った暗い林床で見ることが出来るユリです。
この写真では10数株見えますが、写っていない左側には100株以上
あるのではないでしょうか。

ほとんどが蕾だったのが残念ですが、週末以降が見ごろだと思います。


北斜面の道を降りていくとちらほらとウバユリの独特な葉っぱが目に付きます。

ユリの仲間はふつう葉が細くて平行脈を持つものが多いのですが、ウバユリは葉が
幅広くて網状の脈を持ちます。

図鑑によってはCardiocrinum属(ウバユリ属)ではなくてLilium属(ユリ属)に含めて
いるものもあるようです。


ユリ科 ウバユリ
関東地方以西、四国、九州に分布するようですが、北海道、中部地方以北には
ウバユリよりも大きくて花つきのよいオオウバユリが分布するそうです。
花の時期には葉が枯れていることが多いので、歯が無いと洒落て姥百合とついた
と言われています。


ユリの仲間は花粉の媒介に蝶を選んだため、花被片から飛び出るほどの長いしべと、
うつむくように咲く大きな花が特徴です。
しかしながらウバユリは大きく開くことが無く、しべは花被片よりも短いのです。
話に聞いたところでは花の香りが夜に強くなるそうで、どうやら蛾によって媒介されて
いるらしいとか。


閉じているような花を見ると、つい覗き込んでしまいます。
花被片の内側には紫褐色の模様が少しだけ見えますが、もっと多い個体もあるそう。

葉が枯れて、まっすぐ伸びた茎の先に、特徴のある果穂がついている姿はとても
不思議な感じがします。
写真は取れていないので、秋に再挑戦かな。


よろしければこちらもご覧下さい。
前前回のエントリー「ウバユリへの道~その1~」ではアキノタムラソウ、ミズタマソウ、
キツネノマゴなどに道草をしました。
前回のエントリー「ウバユリへの道~その2~」ではヒヨドリバナ、ミゾソバ、ハエドクソウ
などに道草をしました。
Coppice Note | 00:53:47 | Trackback(1) | Comments(10)
コメント
お~やっとウバユリですね。
このお花 ユニークですよね。
お花よりも 秋の果実の方が 魅力的かも~
冬に伊豆へ行った時 たくさんの果実のついた茎をゲットしたことがあり 今でもインテリアとして我が家の飾りになっています。
種子はほとんどこぼれたはずなのに 時々薄ぺらな種子がこぼれます。

先日 ウバユリ 見てきました~
2007-08-03 金 11:12:45 | URL | pole pole [編集]
こんばんは、ただいまでした。
ウバユリ向こうでも見かけました。覗き込んだものは暗紫色の線が強い個体で どうして中の方にこんなに濃い色が出るんだろうと不思議に思いました。
夜の香り...嗅いでみたいですね。
2007-08-04 土 00:25:49 | URL | flor [編集]
見事な群生ですね~。
これまで、ウバって何だろう?と思ってました。
乳母かなぁ~と考えていたのですが、姥だったとは・・・(笑)
初めてウバユリの花茎をみたときは、
怪しげに伸びた茎と先端の膨らみに驚いて、ユリだとは分かりませんでしたよ。^^
夜に香りが強くなるのかぁ。
香ってみたいけど、蛾がいっぱい・・・ 遠慮しておきます。 
2007-08-04 土 08:02:25 | URL | fumiQ [編集]
去年、スキー場で見つけたウバユリの果実。
果実の中に透明な氷がきらきら咲いてたのを思い出しました。
ヤマユリのような咲き方もいいけど、
ウバユリのような花の形、開き具合も楚々としていて惹かれます。
蛾が媒体なのですね! これはきっと忘れません(笑)
2007-08-04 土 08:05:40 | URL | あまぞんりりー [編集]
半開き
・・・な感じも、またよいですね。
うわ~っと全開のヤマユリは、ちょっと辟易です。
(たまに山で出会って、ドキッとすることありませんか?!)

あまりの美しさに、つい口も半開きで見とれてしまいました。
2007-08-05 日 00:12:55 | URL | 白あずき [編集]
こんばんは~♪
ウバユリと言っても、
かげさんのところのウバユリはスマートです
咲き方も控えめで、
緑白色がとてもさわやか
長崎のウバユリは、もう青い実をつけていますよ~
2007-08-05 日 22:23:52 | URL | panda [編集]
これだけ大きな花が100株いっせいに咲いたら圧倒ですね。
しかし、葉が枯れているのに花が咲くというのはチョット不思議な感じがします。
2007-08-06 月 19:12:59 | URL | dada042 [編集]
>pole poleさんへ
果実は面白いですよね~
うちの床の間の花瓶にも何本かさしてあります。
薄っぺらな種子がきれいに並んで入っていますよね~
そうそう、うちのも時々こぼれています(^^ゞ

>florさんへ
お帰りなさ~い
中の色が濃いのも見てみたいですよ。
なんで中に色がつくんでしょうね。
夜の香り、どんなんでしょうね、かいで見たいものです。

>fumiQさんへ
葉のほかに、花がうつむき加減に咲くので、腰が曲がっているというたとえからの
言われもあるそうです。
花茎と葉を見るとユリの仲間には見えないですよね。
蛾・・・どのくらい集まるんだろう・・・

>あまぞんりりー さんへ
ウバユリの種子には薄い翼がついていますね~
それで少しでも遠くへ種子を飛ばすんでしょうね。
蛾が媒介って、夜に確かめてみたいですが、真っ暗なんですよね、ここ。
今度、種子を庭にでも植えてみようかな・・・

>白あずき さんへ
白あずきさん、口からよだれが・・・(^^ゞ
ヤマユリの花はインパクトありますよねぇ・・・
あまりに圧倒されていまだに撮影できていません。

>pandaさんへ
咲きはじめだからスマートなのかな・・・
緑白色がさわやかできれいですよね。
長崎ではもう実ですか、やっぱり違いますね~

>dada042さんへ
いっせいに咲いたところは見たことないんですが、すごいでしょうね。
この時期は葉っぱがのこっていても、茶色の虫食い状態で、あまりきれいじゃないです。
不思議ですよね。
2007-08-06 月 20:01:22 | URL | かげ [編集]
ユリなんだけど、ユリじゃないみたいですね。
これ、一本の茎にひとつの花なんですか。
葉がなく、いきなりニョキッと立ってるものなんですね。
紫褐色の細かい点描も、ちょっとした異様さをかもし出してる、
なんとも面白い花ですな。
2007-08-06 月 22:24:31 | URL | 牛柄 [編集]
>牛柄さんへ
あんまりユリには見えないですよね。
1本の茎に1~数個花をつけるそうです。
見たのはたまたま1つだけ咲いているやつでした。
2007-08-08 水 12:36:27 | URL | かげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

:ウバユリ:
キツネノカミソリの群生に混じって ウバユリ(姥百合)が何本か咲いていました。ウバユリは ユリという名がつきますがその佇まいは 花にしろ葉にしろ 普通のユリとは趣を異にしています。姥という名前は洒落のつ 2007-08-24 Fri 17:25:31 | Bun meets man.

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。